抜いてはいけない!早くキレイになりたいなら毛周期に気をつけよう!


毛周期

毛周期とはなに?

毛には、毛周期という生え替わりのサイクルがあります。
毛乳頭細胞から指令を受けて、毛が生えてくる時期を成長期といい、そのあとに毛根から毛が抜ける退行期、毛が抜け落ちたあとの休止期とサイクルを繰り返します。
ちょうど毛根と毛が繋がっている成長期の毛にフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光を当てることで、光が毛根に伝わり、毛の生えない細胞へと変化させることができます。
ですが、この毛周期は毛穴によってさまざまですし、部位によってもサイクルのスピードは違ってきます。ですので、何度か照射を繰り返すうちに何本もの成長期の毛に光を当てることができ、毛が少なくなるしくみになっています。

抜かないで!毛周期を狂わせないのがポイント!

ムダ毛は抜いてしまえば、生えなくなるとお思いの方も多いと思いますが、抜いても毛母細胞が残ったままでは毛は生え続けます。それどころか、最悪の場合は毛が皮膚のなかに埋まってしまう埋没毛になってしまうことや皮膚に傷をつけてしまうこともあります。
埋没毛になってしまったり皮膚に傷が付いて色素沈着を起こしてしまったりすると、脱毛器での処理は不可能となってしまいます。
また、毛を抜くことは、毛周期を狂わせる原因にもなってしまいます。もちろん、ワックス脱毛や巻き取り式の脱毛器で毛の処理をすることも同様です。
脱毛器での脱毛中は、抜くことは避け、電気シェーバーなどでお肌に優しい毛の処理を心掛けましょう。