家庭用脱毛器による肌荒れ中の対応策


肌

肌荒れの原因とは?

乾燥肌はお肌にとってさまざまな弊害を引き起こしてしまいます。水分は、お肌のコンディションを整えるために必要不可欠なものです。この水分が不足すると、肌本来に備わる再生能力や、バリアが弱まってしまいます。そうしたときに起こってしまうのが肌荒れです。肌荒れとは、肌のキメが崩れてしまった状態を指し、赤くなってしまう、かゆくなる、カサカサする、吹き出物が出るなどの諸症状をまとめたものを言います。

もちろん、肌荒れは水分不足のために起こることがほとんどですが、歳を重ねると潤いを閉じ込めるための皮脂が少なくなってしまうので、ますます肌荒れを起こしやすくなります。また、年齢が若くても新陳代謝の滞りによって、肌荒れを引き起こすことにもなります。
新陳代謝の滞りは、健康面が原因となってきます。偏った食生活や生活習慣によって、腸内環境が悪化したり、ホルモンバランスが乱れ、その結果新陳代謝が滞ってしまうことになります。新陳代謝が滞ると、古い角質がはがれ落ちて新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーが促進されないので、肌環境が悪化し、肌荒れの原因にもなり得ます。

肌のコンディションに関わる全ての原因は、肌細胞の水分不足です。水分が不足すると、肌に備わるバリア機能が上手く機能しないので、さまざまな肌トラブルを起こしてしまいます。ですので、保湿を心掛けることで、健康な肌を保つことができるでしょう。健康なお肌は肌トラブルを避けることと同時に、傷や紫外線のダメージによる再生能力もアップさせる効果もあります。お肌の保湿をすることはまさに良いことづくめなのです。

肌荒れ中に脱毛はできる?

冬の時期は、誰もが乾燥肌になりがちです。保湿をせずに油断していると、肌細胞の活動が悪化し、さまざまな肌トラブルにもなりかねません。そんななか、脱毛を続けているという方もいらっしゃると思います。フラッシュ脱毛器に使用されているIPLの光は、お肌の細胞の働きを促進する働きがあると言われていますが、肌荒れ中の肌には使用しない方が良いでしょう。

脱毛の光は、こうしたお肌に良い機能もありますが、光とともに熱も加えるため、必然的に乾燥の原因にもなりますし、照射することでダメージを与えます。健康的なお肌に照射する分には、良い効果が得られますが、抵抗力の弱まっている肌荒れ中に脱毛を行うのはあまりおすすめできません。より、肌荒れが悪化してしまうことでしょう。

サロンの脱毛でも、肌荒れしている部分は避けて照射されます。家庭用脱毛器といえども、肌トラブルは懸念されますので、肌荒れしている部分は避けて照射した方が良いでしょう。
そして、肌荒れの部分に照射することは火傷の原因にもなってしまうことも覚えておきましょう。

今現在肌荒れをしている方も、健康的な肌をお持ちの方も、保湿は常に心掛けましょう。保湿することで、肌荒れの予防にもなりますし、既に肌荒れしているという方も保湿によって改善されます。冬の時期はとくに乾燥が気になる時期ですが、冬に限らず、脱毛中のお肌はとても乾燥しやすくなっています。

毛はムダなものだとばかり感じていらっしゃるかもしれませんが、実は毛はお肌の水分量を保つ働きもしています。そんな毛が脱毛によってなくなると、ますますお肌は乾燥しやすくなってしまいます。

脱毛後のお肌は、今までよりもトラブルが起きやすく敏感になってしまうこともありますので、脱毛をお考えの方や、脱毛をしている方は、日頃より保湿を心掛けるようにしましょう。保湿クリームは、脱毛器に付属しているものがあればそれを使用すると良いですが、市販のものでも十分です。毎日継続して保湿を続けることが大切です。