家庭用脱毛器の特徴について:熱線式


how_to015

熱を使って処理する熱線式で産毛も綺麗に処理★

家庭用脱毛器の中に、熱線式というものがあります。これは、熱の力を使って毛を焼いてしまう方式で、産毛まで処理出来てしまうのがポイント★
実は家庭用脱毛器の主流になっている光脱毛や、レーザー脱毛では産毛の処理までは難しいんです。理由は、光脱毛やレーザー脱毛はムダ毛の色素に反応してムダ毛を処理する方法だから!産毛って、ほとんど色がないですよね?だから、光脱毛やレーザー脱毛で対処しようとすると大変なんです!
産毛の無い、つるつる肌を目指すなら、熱線式がオススメなんです!ただし、慣れるまではちょっと熱く感じたりすることもある事が注意です。また、光脱毛はカートリッジと言う消耗部品があるため、結構維持費が高くつくことがあるので、維持費の面でもオススメです☆

褐色肌の人にもオススメ★

光脱毛やレーザー脱毛で一番悩むのが肌の色が元々濃い人です。そうです、光脱毛もレーザー脱毛も色素に反応してしまうので、褐色の肌の人や、よく肌を焼いた人は脱毛器が中々反応してくれない、全く効果がを感じられないと言う事もあるんです!これは悲劇!
なので、褐色肌の人や、色素の沈着が多い人、シミなどが多い部分の脱毛をするなら、熱線式がオススメなんです!
中にはワックスと熱線式の脱毛器を組み合わせて使う人もいます。ワックスなどで大まかに毛を処理してしまえば、脱毛器の熱で肌を傷める可能性も減るからです。
自分の肌に合わせて使い分けたり、組み合わせたりすることも重要なんですね!電熱式は比較的値段も安くて、手に入れやすいのもポイントです☆