家庭用脱毛器の特徴について:レーザー式


how_to014

レーザー式の家庭用脱毛器ってなに?

●レーザーを照射するのがレーザー式
家庭用脱毛器の中にレーザー式というものがあります。
簡単に説明するとレーザーを照射し、むだ毛の毛根にダメージを与えているのがレーザー式です。
レーザーは黒い色に反応する特徴があって、むだ毛の毛根にある黒い色のメラニンにのみダメージを与えることができるんです。
むだ毛の毛根はタンパク質で作られていて、このタンパク質は高い温度の熱を加えるともともとある性質が変化します。
これを熱変性と呼んでいますが、レーザー式ではこの熱変性を利用して脱毛させているんですよ。
●脱毛効果が高いレーザー式
レーザー式は何と言っても脱毛効果が高いと言うのが一番の魅力です。
フラッシュ式より少ない照射回数で脱毛することができるんです。
家庭用とはいってもエステ並みの脱毛が期待できるので、わざわざエステまで通わなくて済むのが良いですね。

レーザー式のデメリット

●レーザー式は痛みが強い
レーザー式の家庭用脱毛器はフラッシュ式より痛みが強いです。
輪ゴムでパチンと弾いた程度とよく書かれていますが痛みの感じ方には個人差があります。
痛みが苦手で感じやすい部位を脱毛するときは人によってはちょっと辛いなと感じるかもしれません。
照射するごとに慣れてきて次第に全然大丈夫になったと言う人も見られます。
●レーザー式が苦手としているものは
レーザー式はうぶ毛の脱毛や日焼けした黒いお肌の方の脱毛は苦手にしているデメリットがあります。
なぜ苦手なのかその理由はうぶ毛の場合は毛根にあるメラニンの量が少ないためにレーザーが反応しにくいからなんです。
日焼けした黒いお肌の場合はお肌にメラニンの量が増えている状態なのでレーザーを照射するとお肌の中にあるメラニンに反応しヤケドのリスクが高まってしまうんです。
フラッシュ式はうぶ毛にも反応しやすいですがレーザー式同様に日焼けしたお肌は苦手です。