自分で自己処理をするときは、できる限りお肌を傷つけないように注意して!


how_to037

自己処理は気を付けないと肌荒れの原因になることがあります!

家庭用脱毛器を持っていなかったり、エステやサロンに通うのが難しい時には自己処理をしますよね。
でも自己処理って、実はお肌を傷つけてしまっているんです!
とくにカミソリを使ってやっている場合には、毛と一緒に肌の表皮もはがしてしまうことがあります。
肌の表皮は肌を保護してくれる役割があって、とっても大事な部分。
それをカミソリで傷つけてしまうと、肌荒れや乾燥を起こしてしまう原因になってしまいます。
さらに毛穴の炎症やニキビの原因にもなる事があるので、とっても危険なものなんです。
でも自己処理を行わないわけにもいかないので、そういう時はできるだけ肌を傷めない使い方で行いましょう!
カミソリの刃を下から上に滑らせると肌を逆撫でして傷んでしまうので、上から下に滑らせるように使うようにするのがポイント!
もちろん終わったらしっかり流して、いつも以上に保湿をしっかり行って肌を守ってあげて下さいね♪

肌が弱い人や負ける人はできるだけカミソリの使用は控えて!

肌質はみんながそれぞれ違うので、もちろん使う道具もそれに合わせることが重要です!
アトピーやカミソリ負けをしちゃう肌が弱いタイプの人はカミソリを使うのは避けましょう。
余計肌が荒れたり傷んだりして、時には跡になってしまうこともあるんです。
カミソリはあまり使用しないで、できるだけ抜くようにするか、専用の処理道具を使うようにしましょう。
ドラックストアなどで、手にはめてクルクルこすると摩擦で毛が切れてなくなるものなどが売っているので、そういうものを使った方がお肌にはやさしいですよ!
もちろん終わった後には肌をきれいに洗って、冷やしたり保湿をすることを忘れないようにして下さいね♪
カミソリは基本的におすすめしません。でももしやらなくてはいけない時にはこうしたことに注意してやるようにしましょう。