青髭になってしまう原因と対策とは?


男性の青髭

青髭になってしまう原因は?

髭を剃っても、剃っても青髭になってしまうという方も少なくないと思います。それもそのはず、顔の皮膚はほかの部位よりも薄いため、毛が透けて見えてしまうのです。髭はほかの部位に生える毛と比べても太く密度も濃いです。そのうえ、髭は5ミリほどの深さまで生えているとも言われています。どんなに深剃りしてもカミソリの処理では、毛穴の奥の毛まで除去することができないので青髭になってしまうのも無理もないですよね。

ですが、青髭は目立ちやすい方と、目立ちにくい方がいらっしゃいます。目立ちやすい方は、肌が白く、毛の濃い方です。そのような方に青髭で悩まれている方が多いことでしょう。反対に肌の色が濃い方は青髭が目立ちにくいです。ですので、青髭が気になるという方は日焼けをして肌を黒くする方法というのもありですが、日焼けしにくい体質の方はどのように対策したら良いのでしょうか。

青髭の対策方法とは?

青髭を目立たなくするにはまず、正しく髭を剃ることが大切です。髭剃りの仕上がりは、使う道具や剃り方によっても変わってくるといわれています。まず、髭を剃る道具ですが、電気シェーバーよりもT字カミソリを使用する方が深剃りができるのでおすすめです。ですが、T字カミソリはお肌への刺激も強いものです。選ぶ際には、3枚刃以上のものを選ぶと、よりお肌に優しい髭剃りができます。また剃る前にはお顔の皮膚をふやかして毛穴を開いておくと良いでしょう。髭を剃るタイミングとしては、朝の時間帯がベストです。髭は朝の6~10時に伸びるといわれていますから、可能な場合は10時以降に剃ると良いでしょう。夜に髭剃りをした場合は、朝には既に伸びています。

ですが、頻繁に髭を剃るとなると、カミソリ負けも心配です。そのような方には、髭の脱毛がおすすめです。毛穴の中の毛まで取り除ける方法としては、除毛クリームを使用することや、髭を抜くといったことも有効ですが、脱毛が一番永久性も期待でき、確実な方法とも言えます。