ソイエとケノン、それぞれ脱毛器の良さが見えました。


今まで脱毛はクリニックやサロンで行っていたのですが、最近勤めている部署の異動があったせいか、仕事も多忙になり、頻繁にクリニックに通うことが難しくなってしまいました。
美に関連する仕事のため、そこで思い切って自宅でも脱毛可能な家庭用脱毛器を購入することに決めました。
最初はソイエを購入してみたのですが、後から巻き込み式より光脱毛の方が効果が高いと聞き、悩んだ結果、思い切ってケノンも購入して比較してみました。
お先にソイエからですが、ソイエはピンク色のスタイリッシュなかたちが素敵ことと毛を絡めとって脱毛をするというスタイルが面白いなぁと思ったのが購入理由です。
最初は泡脱毛と聞いていたので、「あまり痛くないのかなぁ」と期待して、お風呂で処理をしてみたのですが、お風呂に浸かって柔らかくなった皮膚に当てると、想定していた以上の痛みを感じました。これでお風呂に入っていないときはもっと強い痛みが出るのと考えてしまい、お風呂以外では使ったことがないです。肝心の脱毛は巻き込み式なのもあってか、うまく肌と機器を密着させないと綺麗に脱毛するのが少し難しかったです。

ソイエを使ってみて良かったと思ったのが、角質ケアが本当にすごくて面白いように古い角質がボロボロと取れていきました。使い終わった後は脱毛器をかけた部分がスベスベになっており、自分でもなんども触ってしまいました。2回目以降はソイエを使った部位の毛が前よりはするする抜けるようになりました。痛みも徐々に少なく感じ、使い続けていけばどんどん良くなると思い、美肌という面ではたまに使っています。

お次にケノン。ケノンは脱毛器の中でも人気が高いようで私も名前は聞いたことがあったので、購入しました。
ソイエ同様、可愛らしいフォルムの箱に一目惚れしてしまいました。レベルも選べたので最初は少な目で照射しましたが、全く痛みは感じませんでした。びっくりしたのが、照射してから数日後には太めの毛でも指でつまんでみるとポロッと抜けてしまいました。家庭用脱毛器でもこんなに早く効果が出てくるものなのかと、今までのクリニックやサロン通いを止めて、家庭用脱毛器で脱毛をしていこうかと考え始めましたね。照射をした部分の毛が生えるスピードも格段に遅くなりましたし、今ではケノンを使うこと自体が楽しみになりつつあります。
思い切って最大のレベル10も試してみましたが、それでも輪ゴムでパチンと弾かれた程度の痛みでしっかりと部位を冷やせば、赤みや湿疹なども出ることがなく、快適に使えました。
あとは正直クール機能があれば良かったなぁと思います。でもケノンは買った際に保冷剤も付いていたのでその点を考えると使う人のことを考えてくれているのは嬉しかったので、全然ダメと言うわけではなかったです!

ソイエもケノンもそれぞれに良いところがあり、その分出費は大きかったものの、買って損をしたという感じは全くありません。ただ個人的には不満という面が少なかったケノンの方に軍配が上がった感じでした。